資金調達におすすめのファクタリングの限度額とは

subpage01

資金を調達するのにおすすめのファクタリングの限度額は、債券信頼度や売掛先の数、利用回数などによって決まります。
債券信頼度とは売掛金の信頼性のことです。

ファクタリング会社のランキング情報を探すならこちらです。

売掛先の会社規模が大きかったり長年取引を行っているなど次月以降の入金も確実性が高いと判断されれば、現金化される割合が高くなります。



したがってファクタリングを行う際には信頼度の高い売掛債権で行うのがおすすめです。

信頼性が高いと判断されれば、売掛金のうち、8割以上を現金化することもできます。

ファクタリング会社が買取率見極めで重視している点の一つに取引会社数があります。多額の売掛金がある1社よりも少額を数社に分散している売掛金の方が好む傾向にあるので、複数の売掛金をかき集めた形の方でファクタリングをするのがおすすめです。


なぜ複数に分散した売掛金を好むかというと、複数社に分散した債権の方が全損することがなく仮に1社からの入金が焦げ付いても全損することがなく一定の金額を回収することができるからです。



したがって売掛先の数によって限度額が決まることがあります。
1度以上の入金実績があるリピート客の場合、初回よりも優遇した与信判断がなされるので利用回数は大切です。

いったん顧客に入金された売掛金をファクタリング会社に送金する仕組みになっている2社間取引では、本来返済すべきお金を横領する恐れがあります。
したがって2社間取引のリピート客は特に一定の信頼があると思われ優遇されます。